メインイメージ画像

コンタクトレンズはタイプ別で正しいケアの方法を行うのが大切です

コンタクトレンズを初めて使う場合には、コンタクトレンズのケアの方法がよく分からないのではないでしょうか。ここでは、ハードコンタクトレンズとソフトのコンタクトレンズのケアの方法について紹介しましょう。

まず、ハードコンタクトレンズのケアの方法について紹介しましょう。レンズ表面をこすって洗います。手のひらにコンタクトレンズを載せて、4滴から5滴消毒剤をたらします。レンズ表面の汚れを、軽く人差し指でこすって洗って落とします。レンズの内側をこすって洗います。

レンズを指の中腹付近に載せて、内側の汚れを親指でこすり洗いをして落とします。水道水でレンズをすすぎます。レンズカプセルにレンズを入れます。レンズカプセルに、左右のレンズを間違えないようにして入れます。レンズカプセルに消毒剤を一杯にして、ふたを閉じて、軽く振って、4時間以上そのまま保存します。消毒がこの間に終わります。

次に、ソフトのコンタクトレンズのケアの方法について紹介しましょう。

レンズの表面をこすって洗います。手のひらにコンタクトレンズを載せて、4滴から5滴専用のソフトのコンタクトレンズの洗浄、保存液をたらします。前後に人差し指で動かして、こすり洗いを20回くらい行います。この場合に、円を描くようにして指を動かすと、しわがレンズに寄るようになり、破損することがあります。裏返しにレンズをして、同じように裏面もこすって洗います。レンズを洗浄し、保存液で十分にすすいで、汚れを洗い流します。

この場合に絶対に水道水は使わないようにしましょう。レンズケースの中にレンズを入れて、洗浄して保存液で一杯にします。左右のレンズを間違えないように入れて、ふたを閉じて、4時間以上そのまま保存します。消毒がこの間に終わります。

洗浄、保存液にレンズが十分に浸かっていないような状況で保管すれば、レンズが乾くことがあります。レンズは必ず洗浄して保存液に十分に浸かるようにしましょう。

更新情報